自家焙煎 スペシャリティコーヒー専門 珈琲倶楽部 尾張旭 愛知県

ルワンダ ニャマシェケ コプロカ ブルボン

 

CoprocaWashingStation



 【 ルワンダ Coproca:CWS 】
 地 域:ニャマシェケ地区
 品 種:レッドブルボン
 標 高:1700m〜1850m
 精 製:ウォッシュド
 乾 燥:天日乾燥(アフリカンベッド)




ルワンダ共和国は
《千の丘の国》と呼ばれるほど
丘陵地が多く
アフリカ大陸の中央部に位置する
四国の1.5倍ほどの内陸国です
7つの湖と5つの火山を有し
南西部の熱帯雨林地帯から
東部のサバンナまで多様な地形を有し
多様な動植物の
生態系を形成しています
コーヒーの栽培は1900年代初頭に
ドイツ人宣教師により
持ち込まれて始まりました
農家の収入源であり
社会及び経済の発展に
重要な役割を果たしてきました
Coprocaは
2005年に数名のメンバーによって
運営が開始されました
CoprocaWashingStationは
ルワンダ西部の
Nyamasheke地区にある
RwandaCongoNile山脈に
位置しています
持ち込まれたチェリーは
すぐに水による比重選別を行い
ディスク型のパルパー
McKinnondiskによって
パルピングされます
15時間のドライ醗酵工程が行われ
その後パーチメントから
ミューシレージを
取り除くために洗い
さらに約12時間の
ウエット醗酵工程を行います
最後に底がメッシュ生地になっている
アフリカンベッドの上へ広げ
風通しの良い状態で乾燥を行います
周辺地域への環境を配慮し
水洗処理に使用された水は
そのまま自然に流すのではなく
微生物により処理してから
自然に戻しています
質の高いコーヒーを
生産し続けるために
一年を通して生産者に対して
セミナーの実施や
肥料の配布などを行っています


注文Pはこちら⇒






Copyright (C) 2020 Coffee-Club Corporation. All Rights Reserved.